お知らせ

2019年11月1日

[展示] 闘病記 ~がんを知る~

闘病記とは、病気を治そうと闘っている患者やその家族、また患者を支えている人たちが書いた記録です。
そこからは医学専門書からだけでは得ることのできない患者の多様な生き方、病気や死との向き合い方を知ることができます。
医療従事者をめざす学生にとって、患者の心を理解するには大変有用な資料です。
今回は「がん」と「小児がん」の闘病記を展示しました。

※2000年以降に出版された闘病記を展示しています。
※医学は日々進歩していること、治療法や薬などは一人ひとり異なることを理解した上でご利用ください。