お知らせ

2020年6月15日
重要

【注意喚起】電子ジャーナルの適正な利用について

東京赤坂キャンパス内において、図書館の電子ジャーナル提供サイト「メディカルオンライン」での大量ダウンロードが確認され、提供元から警告を受けるとともに、当該端末からのアクセスを制限する措置がとられる事案が発生しました。
今回はウェブブラウザMicrosoft Edgeのリンク先読み機能による影響が考えられます。(※)

※ブラウザの「リンク先読み機能」により、利用者の意図しないアクセスがバックグラウンドで行われ、大量ダウンロードとみなされるケースがあります。特にMicrosoft Edgeでの発生事例が多く報告されていますのでくれぐれもご注意ください。各ブラウザでは次の設定で無効とすることができますのでご協力お願いします。

●Microsoft Edge:[設定]--[プライバシーとセキュリティ]を開き、「ページ予測を使用」の「閲覧速度の向上、読み取りの改善、全体的な使用感の向上に役立ちます」をオフ
●Internet Explorer 11:[インターネットオプション]--[詳細設定]を開き、「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックをはずす
●Google Chrome:[設定]--[プライバシーとセキュリティ]を開き、「Cookieと他のサイトデータ」から「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにする」をオフ
●FireFox:URL欄に「about:config」と入力してコンフィグ画面を開き、「network.prefetch-next」を「false」にする

あらためてのお願いとなりますが、下記のような行為は電子ジャーナルの契約上禁止されております。同様の行為が繰り返されると、大学全体で利用停止の措置が課せられ利用できなくなる恐れがありますので、絶対に行わないでください。ルールを守り、適正な利用をお願いします。

<不正利用となる行為>
■個人利用の範囲を超えた大量ダウンロード
■特定の雑誌のみを目的とした大量ダウンロード
(同一雑誌を数日間にわたり大量にダウンロードすることも不正利用に該当する)
■プログラムやソフト等を使用した機械的な大量ダウンロード
■個人利用以外の利用、または研究/教育以外の目的での利用
■他者に複製配布、送信すること
■短時間での大量ダウンロード